機械屋さんのお米育成日記

機械屋さんのお米育成日記

五味機械産業では、土作りから美味しいお米を作る自然農法である「カルテック栽培米作り法」で作る、
御殿場産コシヒカリの育成記録をブログ形式で更新していきますので、お米作りをされている農家様は是非ご覧ください。

また、生粋のカルテック栽培法とそこから派生する栽培方法の確立として、カルテック栽培法+独自理論を融合させた”ネオ・カルテック栽培法”を研究してみるといった事にもチャレンジしていきます。

それ以外にも、新しい機械の導入に関する”使用者としてのコメント”や、
機械・機器のオリジナルカスタム作製秘話?や、この機械”こんな使い方をしたら上手くいった”等の裏ワザ特集など盛りだくさんの内容でやっていけたらと思います。

不定期更新です

バックナンバーはこちらからどうぞ♪

本ブログは下記の内容で記事が分かれております

  •  
    :
    その他お知らせ
  •  
    :
    稲の生育報告
  •  
    :
    機械の改良等
  •  
    :
    感想・つぶやき等
  •  
    :
    新規機械導入等
  •  
    :
    イベントのお知らせ
  •  
    :
    作業報告・感想等
  •  
    :
    バックナンバー
  •  
    :
    お詫び等
  •  
    :
    新たな取り組み等

2023.02.06

先ずはじっくりと耕耘爪を考察してみる

爪の観察①

東亜重工のキングコブラ爪

爪の観察②

爪の全幅を図ってみる

爪の観察③

表面処理等をじっくり観察

爪の観察④

爪の厚みを測定する

爪の観察⑤

角度を変えて厚みを測定する

爪の観察⑥

超鋼素材の全幅を測定する

爪の観察⑦

コバシ純正FTF専用爪
(6ha耕耘した状態の爪)

爪の観察⑧

爪の全幅を測定してみる

爪の比較⑨

超鋼素材の全幅を測定してみる

爪の観察⑩

両方の爪を並べて様々な違いを検証

爪の観察⑪

コバシ純正爪の爪先端部を観察する

爪の観察⑫

キングコブラ爪の爪先端部を観察する

まあ何と言いましょうか…こんなおバカなことやったことありますか?(笑)
これから装着する爪をじっくり観察しながら写真に収めてあ~じゃないこ~じゃないと仮説を立ててまだ起こしてもいない爪の働きと、土の動きについて本気で検証するとか…も~馬鹿野郎ですよ(笑)…まあそれだけ耕耘が好きで、興味津々なわけですよ。
そりゃ~爪は交換サイクルが遅いほど経済的ですし、良いこといっぱいなわけですけど、肝心要な部分って”如何に良い耕耘を施して良い作物を作るか?”って事じゃないんですかね?検証前なのでまだ何とも言えませんけど、自分にとっては爪の耐久性なんてどうだっていいわけですよ。所詮耕耘爪なんて消耗品ですし、減ったら変えれば良いだけの物と割り切っています。

耕耘爪って車のタイヤみたいに”用途に合わせてセレクトする物”って思いませんか?
雪道や凍った路面を走るのならスタッドレスタイヤが必要ですし、燃費走行重視なら低燃費タイヤを選びますし、スポーツ走行をするのならばスポーツタイヤや、セミレーシングタイヤをチョイスするわけですよ。
耕耘爪も”何をしたいか?”という用途・要望に合わせてチョイスすべきものだと思うんです。
有機物等の元々その圃場には無い物を鋤き込みたいならそれに特化した爪が良いでしょうし、土を細かく砕ける爪ならば砕土性に優れているので、マルチを張って作る作物にはこういった爪をチョイスすることが正解だと思いますし…高能率作業を重視するのであれば高速耕耘に優れたアイテムチョイスが必要です。車のタイヤ選びに似ていませんか?(笑)

2023.01.23

日本初ではないだろうけど…おバカな耕耘実験やってみます!

昨年購入したYT357Aに装着した耕耘専用ロータリー(コバシ FTF202)ですが、購入から6ha耕耘した状態で秋耕耘途中という今日この頃。(耕耘テストを行ったのは秋耕耘1回目にして季節はすでに12月後半という状態)
社外耕耘爪メーカーの東亜重工㈱さんが年末の挨拶と同時に、「コバシ工業さんのFTFロータリーに適応した爪を作ったので如何ですか?」という営業に来られました。

自分「この爪の特徴は何ですか?」
営業「この社外比データをご覧ください。爪に溶着してある超鋼素材の固さを示した数値ですが当社品はこれだけ優れた数字ですよ」
営業「これに加えて溶着工程で発生する虫食いスポットを極力減らしたことで耐久性が飛躍的に向上しました!」
自分「ホウホウ…耐久性に拘ったのは良く解りましたが、肝心の耕耘性能はどうなんですか?」
営業「高耐久・低コストに重点を置いて作った爪のなので、コバシ純正の爪との性能比較はしていません」
営業「数本サンプルを置いていきますのでご検討いただけましたら…」
自分「…ロータリーって爪が仕事をするわけですよね?数本もらっても困るので、どうせなら面白いテストをしてみませんか?」
自分「コバシ純正の爪も殆ど摩耗していないので、ロータリーの半分だけ東亜重工さんの爪を付けて耕耘試験をしてませんか?」
自分「まあ…素材(新品の爪)を提供してもらえたらの話なんですけどね…(笑)
自分「耐久性がどうとかって自分にとってはどうでも良いんですよ。耕耘後の土がどれだけ良くなるかが重要なわけですからね。」

営業さんとしばらく耕耘理論について談義を交わすこと30分前後。

営業「分かりました!すぐに20本手配するので実験してみていただけませんか?」
自分「そうと決まれば早速爪交換の準備に取り掛かりましょうか!」
自分「ちゃんと検証データの写真等は差し上げますし、使用した感想等も包み隠さずお伝えします。」
営業「よろしくお願いします!」
自分「素材提供してもらったからと言って甘い評価をする気もありませんし、率直な感想をそのままちゃんとお伝えします。」

はい!そんなこんなで愉快な耕耘実験がスタートしたわけですよ(笑)
ほぼ新品のロータリーの同軸爪軸上に半分はコバシの純正爪が装着されていて、半分は社外の爪を付けるなんて実験まずやらないっすよね?普通は作業機そのものを付け替えして耕耘比較するならよくある話だと思うんですけどね、同爪軸上に付けるとはっきりとその爪の性格が表れて面白いと思ったからやってみようかなって。(笑)

爪の太さや重さが違えば当然左右で重量バランスが狂ってしまうので、おかしな振動が発生したり、爪軸自体にも良い事はありません。(車もタイヤ交換するとバランス取りってやりますよね?バランス取りしないと回転振動が発生してハンドルにおかしな振動が伝わってきたり、真っすぐに走れなくなります)
あまり長時間やらなければ問題ないかなってことでやっちゃいましょー!(笑)

↓の写真の買ったばかりのロータリーを使ってレッツ実験実験♪

2023.01.14

新年明けましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

昨年はブログを更新するにあたってソフトウェアの問題により更新が全く出来ないというトラブルに見舞われ、不具合原因がようやく分かり…さあブログを更新するか!と思っていたら仕事が忙しすぎてしまって全くブログを更新する時間が取れませんでした…。

今年は何とかブログ更新の時間も取りつつ、面白いネタを見つけながらブログの更新をしていこうと思います。


新年一発目のネタとしましては…旧勝間田機械のエースだった長田 純弥君が五味機械産業に入社してくれたことです。
同じ市内で同業種・同一メーカーの販売をしているとなりますと…まあ色々ありますよね(笑)

お店同士という部分ではアレコレありましたが、実は長田君とは個人的に仲良くさせてもらっていたんですね。(笑)
長田君から「○○機種のトラブルで技術的に困ってまして」なんて電話が来たら、「その症状だったらここを調整してみて!直ると思うよ~」みたいな感じで情報共有していたり、「この部品在庫がなくて困っているんだけど持ってないかな?」なんて電話すると「ちょうど会社にあるんで持って行きますよ~」みたいな感じでお互い様の精神で助け助けられってな感じで仲良くさせてもらっていたんです。

もう5~6年前くらいですかね…?長田君と一緒に飲みに行ったことがありまして。
その時に色々な話をしながら楽しい時間を過ごしている最中に自分がこんなことを言ったことを覚えています。

「それが何時なのかは分からないけど、何時か長田君とは一緒に仕事をできる日が来る気がする」って。

何か根拠があったわけではないですよ。でも直感でそう思ったし、そうなったら良いなって素直にそう思っただけだったんですけどね…
いや~それにしても凄いですね~本当に予言?したことが現実になってしまいましたよ!Σ(・□・;)
様々な大人の事情もあって勝間田機械倒産→即五味機械産業へ転職とはいかなかったわけですが、何度も何度も面談を重ねながらも一度は他業種に転職をしましたが、今一度農業機械の世界で頑張っていきたいと長田君の決心により夢が実現しました!

令和4年9月1日より正社員として入社してもらったんですけど、正直…昨年の秋の農繁期に長田君が居なかったらどうなっていたのだろうか?という程の忙しさで、僅か数日で50枚綴りの伝票が終わってしまう程の仕事をサクサクと処理していました。(ホント驚きですよ)
常に電話が鳴りっぱなしで、次から次へと発生するお客様からの様々な依頼に朝から晩まで走りっぱなし(笑)会社に居ませんもん(笑)

長田君は即戦力にして勝間田機械を最後まで支えた社長代理を務めたほどの逸材!仕事の実力もさることながら何より素晴らしいのは長田君のその人間性と性格の良さ!「長田君が当社に入ってくれたんですよ~」と旧勝間田機械でお取引していた農家さんにお話をすると、「いや~ホントに良かった!」と誰一人喜ばない方はいませんでした。
本当に皆さんから愛されているんだな~って自分も長田君のように皆様から愛される人になりたいと思いました。

長田君も加わり、益々元気いっぱいに進んでいこうと思います。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ

0550-89-0668

【営業時間】09:00~18:00
※農繁期は無休営業です

PAGE TOP

PAGE TOP